• ホーム
  • タダラフィルの良い服用方法を知る

タダラフィルの良い服用方法を知る

2019年07月26日

タダラフィルとは、男性のEDの治療薬です。
勃起不全を助けて性器に血流が流れやすくして、勃起しやすい状態を作リ出してくれます。
PED5という勃起を妨げる酵素を阻害することで、自然な勃起へと導いてくれる効果があります。

タダラフィルの特徴は持続時間が長いことにあります。
服用後最大で36時間の効果が持続し、食事の影響を受けることもありません。
しかし、アルコールを過度に摂取してしまうと、タダラフィルの働きが最大限発揮されません。

持続時間が長いタダラフィルは飲むタイミングに左右されないので、基本的にはいつ飲んでも大丈夫です。
タダラフィルの良い服用方法としては、飲んでから効き目が現れるまでに1時間ほどかかるので、少なくとも性行為の1時間前には飲んでおくのが最適です。

空腹時の方が有効成分が吸収されやすいので、食後よりも食前の方が良いでしょう。
1日1回服用し、服用間隔は24時間以上開けるようにするのが大切です。

副作用は少ないですが、人によっては顔のほてりや頭痛などを起こすことがあります。
時間経過と共に症状は軽くなるので、さほど心配することはありません。
しかし、勃起状態が長時間続くようなら服用をすぐに中止し、速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

関連記事
タダラフィルで体調を崩す恐れがある人

タダラフィルは効果持続時間が長くマイルドな効果を持つED改善薬ですが、被験者の約27%に何らかの副作用が起こったというデータがあります。頭痛や顔の発赤、ほてり、消化不良といった体調の変化が現れるようで、症状としては、バイアグラやレビトラと似ているようです。タダラフィルは、バイアグラやレビトラのように

2019年08月23日
タダラフィルのグラム数で効果が違う

タダラフィルとは、ED治療薬に使われている成分のひとつです。ED治療薬には様々なものがあり、それぞれ効果が異なっています。このタダラフィルを主成分としたED治療薬は、効果がゆっくりと出始めて、長時間持続するという点が特徴です。タダラフィルは、急激に効果が出ない分、性交渉の前に1~3時間の余裕をもって

2019年07月09日
タダラフィルが翌日も効果が持続する理由

タダラフィルはED治療薬として使われている成分の一つです。ED治療薬はいろいろとありますが、このタダラフィルは他の治療薬よりも1錠あたりの効果持続時間が非常に長いことで知られています。その効果持続時間はなんと24時間ほどといわれており、金曜日の夜に服用しておけば土曜日の夜まで最低でも効果が持続するの

2019年06月10日
アルコールを飲んでも大丈夫なタダラフィル

タダラフィルは勃起不全の治療薬としてアメリカのイーライリリー社が製造・販売しているもので、シアリスという製品名がつけられています。また前立腺肥大症や肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてもタダラフィルは用いられ、それぞれザルティアやアドシルカという製品名となっています。日本でタダラフィルの製造販売が承認さ

2019年05月22日
食後でも十分な効果があるタダラフィル

タダラフィルとは、勃起を助けるはたらきのあるED治療薬の一つです。陰茎の海綿体平滑筋の緊張を和らげ血行を良くすることにより、十分な勃起に導くことができます。血管や神経に原因のある器質性の勃起不全のほか、心理的要因による心因性の勃起不全や、その両方が原因の複合性の勃起不全にも効果があります。服用後に性

2019年05月09日